Zoom11/13梅花心易プロ養成中級全6回 易海陽光講師

易海陽光(いかいようこう)講師

 

梅花心易とは、中国の北宋の時代(紀元960年~1127年)に邵雍(しょう よう、1011年~1077年)という人物が作った易占い法です。
元々は「梅花易数」と名付けました。「梅花」に名付けた理由は、梅花の花弁は五つあるので、五行を代表します。
もう一つは、梅花は冬に咲き、一般の花と違うので、邵康節は梅花を自分の素晴らしい人格を比喩したからです。
梅花易数は時間により立卦し、占い師は心ゆくまでに相手のことを占えます。邵康節は「法無定法、我心為法」(梅花易数は、決まった方法はなし、我が心は技法である)と言いました。

梅花心易は、従来の筮竹占術と六爻占術を基礎に、ほかの易占術の優れたところをまとめて、作り出した占術です。
特徴は、梅花心易の特徴は、過去から未来、人の一生の運勢、一つの物事の発展の過程と結果を推測できるほか、具体的に何年にどのようなことが発生したことも推測こともできます。目の前に現れた車のナンバープレート、相手の電話番号、もしくは相手が質問した時の時間、相手がその時に着ていた服装などにより、瞬間的に立卦し、できた卦の象に基づいて、吉凶判断をします。

また、占う本人は現場にいなくても、電話一本で立卦でき、占うことができます。私はよく全くあったことのない方からの連絡時間に基づいて、相手方の大体の年齢、身体特徴、主な性格、過去にあった大きなことなどを占いし、的中率は非常に高かったです。

 

 

※欠席の際は、Youtube動画にて補講をご受講いただけます。

 

※梅花心易初級講座を修了された方向けです。

 

※中級修了後は修了証をお送り致します。

Zoom11/13梅花心易プロ養成中級全6回 易海陽光講師

¥11,000価格
  • 1回約2時間×全6回

     

    講座料

    1回11000円(税込)

    6回ご一括6万円(税込)

     

    Zoom講座 

    2021年11月13日(土)14時~16時 

    日程

    (11/13, 12/11, 1/15 ,2/12, 3/12, 4/9)

     

    カリキュラム


    梅花心易で分類占い
    ⅰ.婚姻を占う ⅱ.財運を占う ⅲ.遺失物を占う
    ⅳ.健康・病気を占う ⅴ.住宅風水を占う

     

    六爻占術と梅花心易と合わせて占い占術法を公開
    (日本ではこの講座でしか聞けない占術法)