11/12玄空風水講座全4回 易海陽光講師

易海陽光(いかいようこう)講師

 

玄空風水は、後天八卦の理論を基礎にして、洛書九宮挨星法と自然形態と結合しながら、室内外の気場の分布と自然環境を考えながら、最適な住宅環境をレイアウトする方法である。

 

具体的な操作方法は、羅盤を使って室内の二十四山と九宮を決めて、洛書九星を挨星して理気を決め、室外の自然形態、山、水の分布と結合して旺衰を判断した上で、レイアウトする。

 

玄空風水は、創立されてから、数百年の間、密伝の風水流派として伝わってきたが、唐の時代の楊筠松(よういんしょう、834年~900年)によって完備した。

楊筠松の「青嚢奥語」は成書してから約千年の間、解ける人はいなかったが、清王朝末の沈竹祁(ちんちくじょう、1849年~1906年)より完全に解けて、「沈氏玄空学」を著書し、世に広げて、玄空風水を風水学での権威的な地位を確立した。

 

※Zoomコース(Youtube補講あり)またはYoutubeコース(視聴のみ)をお選び下さい

11/12玄空風水講座全4回 易海陽光講師

¥16,500価格
視聴方法
お支払方法
  • 3時間×全4回

    Zoom講座 2020年11月12日(木)スタート 13:00~16:00
    (11/12 ,12/10, 1/14 ,2/11)

    講座の内容:

    第一部.基礎知識

    一.河図、洛書、先天・後天八卦

    二.三元九運と九星挨星法

    三.紫白九星旺衰

    三.玄空飛星盤排盤

    四.替卦と兼向

     

    第二部.応用編

    九星吉凶

    玄空風水四大局

    正神と零神、零神水

    三般卦:父母三般卦と連珠三般卦

    城門と城門訣

    七星打刧

    双星加会の応用

    玄空風水よりレイアウトと吉凶判断

メルマガ登録はこちら

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
  • YouTubeの